ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

バーミキュラ

前々から、ほんとに前から、ずっと欲しいなぁと思っていたバーミキュラを今日注文しました!

無水調理ができるホーロー鍋。

お高いけども、食べるものも使うものも出来るだけちゃんと選んで生きたいという気持ちが最近高まってきたので。

サイズに結構悩みましたが、定番の22cmにしました。

色はナチュラルベージュ。

使い込むうちに、汚れや焼き色が味になっていく色なんじゃないかと期待します。

届くのは7月末。

楽しみ!

(鉄フライパンはしばらくおあずけ。)

フライパン

今までネットショッピングってあんまりしなかったのに、最近とみにハマりだした。

いやあ、便利な世の中です。

ほんとに私はいつの時代の人なんだろう。

 

次どんなものを買おうかと散々悩んだフライパン、結局ドンキでセールになってたT-falの27㎝のを買った。

持って帰ってみると27㎝って結構デカい。

T-falのフライパンは無難だしそれだけで事足りるけど、いろいろ調べているうちに鉄フライパンを育てたいという気持ちがムクムク大きくなってきたので、そちらはAmazonで手軽なものを買ってみようかな。

途次、渋いサイトも発見して(日々是鉄力)得した気分。

 

明日はたぶん、バターが2.4㎏とローストアーモンドが1㎏届くわ。

 

江國香織の小説で、表向きは明るいけど実はひそかに周囲の人に毒を盛るという想像を日記につけている女子高生が聴いている音楽がスピッツだった。

もう離さない 君がすべて 

ってマニアックなやつだ。

江國香織がどういうイメージで小説にスピッツを使ったんだろうかと考えてみるけど、たぶん私がスピッツに入れ込んでいるせいで、よくわからない。

 

まだ日がある時間に小説を読むのは世捨て人みたいな気分になって好き。

だけど、どこにも戻りたくなくなるから困る。

すべてが生きている間の方便だというのになぁ。

驚きの

GLAYのTERUが47歳になったということで、姉とおしゃべりしていました。

(姉はかつてGLAYファン)

私が「47歳だとまだ若いね!スピッツは今年51歳だから。」と感想を言うと、姉から「えーーーー!!!」と心の底からの驚きの声。笑

この反応になぜか私、すごくテンション上がったです。笑

若く見えるけど実は40半ばくらい、という予想だったそうで。

まあでも活動期間考えるとそのくらいいってるよね、自分(姉)が小学生のころからいたもんなぁ、としみじみ驚く姉でした。(笑)

はー、なんかうれしい!笑

最終的には「時が経ったねぇ」と変にしんみりしてしまったけども。(^^;

六月

ふっと気を抜いた隙に、一日が、一月が、一年が、過ぎて行く。

ただ過ぎてくれるならそれでいいとも思う。

すべて過ぎてしまえばいい。

そんな時、気持ちとは裏腹に、過ぎても過ぎても終わりのこない時間の中に閉じ込められている感じがする。

ゆるやかに歳だけとっていく。

だから、決意が揺らがないうちに行動しないと。

揺らいだとしても行動しないと。

そうすると、時間は本当に無情に過ぎて、終わりへと向かって行く。

あたし

最近、「正しい街」を口ずさんでいて、"あたし"と歌うのが快感ということに気づいた。

私の中の"あたし"が解放される感じ。

だれにともなく女性性を主張したいような気分になることもある。

それが何かはわからないけど。

僕の中の俺もそうかな。

あたしの曲探そう。