ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

スゴイおじさん

高校の時の物理の先生の話なんですが。

この間、友達が母校訪問したとの報告をしてくれて思い出したので書きます。

 

その先生は私が在学当時50代半ば?だったかと思うのですが、体操経験ゼロから大車輪への挑戦を始められました。

なんでも、若い頃から体操に憧れを持ちながらも縁がなく諦めていたところ、CMでグルグル回ってるおじいさんを見て一念発起したとかで。(なんか昔そんなCMありましたよね?)

全校生徒に向けて挑戦の進捗状況を(映像付きで笑)紹介してくださっていたので、少しずつ上達されている様子を見ていました。

私が在学中最後に見たのは、補助してもらいながら勢いつけてなんとか一回転、くらいの感じだったと思います。(腕も脚も曲がってて見た目はあまりきれいではなかった)

それでも十分すごいことだなぁと思ってました。

 

そして卒業して時が経ち、その先生も60歳を過ぎられたころ。(去年だったかな?)

「ローカル番組のすごい人特集で紹介されたらしい」と友達に教えてもらい、動画を探して見てみて、びっくり。

なんと、自分の年齢の数だけ大車輪で回ることにチャレンジ!という番組企画(というかご自分で設定した目標?笑)で、美しいフォームでグルングルン回りまくってたのです!笑

惜しいところで年齢の数には届きませんでしたが、ほんとに驚きました。。

今やちょっとしたローカル有名人っぽいです(笑)

回転おじさん?笑

 

と、冗談はさておき、普段むやみに感動しないよう構えているわたくしですが、とても感動しました。

自分なんて、20歳過ぎたあたりから肉体的には緩やかに衰えていくイメージしかなかったし、どのみち朽ちる肉体...高めようというモチベーションを何で持ち続けられるのかわからんとか思ってるのに。。

今与えられてる物を最大限使ってみる。

でなきゃわかんないこともあるんかなと思いました。その過程も含めて。

昔から溌剌とされて情熱的で素敵な先生でしたが、さらに元気いっぱい!なご様子でした(笑)

違う景色が見えたのでしょうか。

 

常に挑戦→達成のサイクルにいる人は、明るい。

それが実は一番大事なことなのかなと思ったりします。

なんだかんだ、明るさは美徳。

もちろん明るさと暗さは表裏だけれども、暗さを気取るのはやめて、素直に明るくなろうと思いました。

草野さんも明るい子といたほうが絶対楽しいって言ってたし♪笑

(結局そこに話をもってっちゃう笑)

 

 

当然生半可な挑戦ではなかったと思います。

ふつうは年齢的に始めること自体が難しいと思いますが、先生はもともと体脂肪が少なかったため怪我のリスクが少なく挑戦しやすかったようです。

あと、もちろんかなり努力もされていました。

自由に使える時間、ということで早朝をトレーニングの時間にあてて、疲れがたまっても起きる時間の調整で体調管理を工夫されていると、当時おっしゃってました。

しかし傍目からは楽しそう!としか見えなかった。

 

 

ベタベタですが敢えて言います。笑

先生、感動をありがとうございました!!!

保湿

乾燥が気になるお年頃です。

保湿保湿。

 

そして最近もうひとつ気になるのが足の裏。

今日はネットで調べた重層スクラブを試してみました。

重層スクラブは重層と水を3:1程度で混ぜたものをブラシなどでクルクルなじませて洗い流すというもの。

明日はこれをなじませた後、キッチンペーパーでも使ってパックにして暫く置いてから洗い流す、というのをやってみます。(自己流)

良さげだったら報告します。

柔肌の乙女はマネしないでね。

どっちにしても保湿保湿。

 

今冬のテーマは「見えないところを磨き立てる」。

 

サンダル履きの足指に見とれた♪

あぁ、憧れです。。

メモリーズ その4

 

...つづき

 

...なんかもうまとめる気がなくなってきたので、「スピッツと私」的思い出を思いつきでテレテレと綴るシリーズにしようかな、なんて思ったりしてます。笑

 

まぁ一応前回の続きで。

アルバム「醒めない」に衝撃を受けた私は、そのうちじっくり...なんて悠長なこと言ってられない切羽詰まった状態に陥ります。

そこからスピッツ作品収集活動の始まり。(ブックオフ通いの日々笑)

今思うと、ハマるタイミングがもうちょい遅かったらブックオフでは全アルバム揃えられなかったかもなぁ。

今行っても全然ないもん、スピッツ

この三十周年イヤーで露出が増えてるからですね!

私、シングルリリース時期ともアルバムリリース時期とも微妙にズレてる謎なタイミングでハマりました。笑

あの既に伝説化している「みなと」フライング事件も知らんかったんですよ。

でもね、テレビ普段見ないのにあの回のMステだけちょっと見てたんです。

なのにスピッツ演奏シーンは見てなかったという...

「ドキドキモーニングが...」とか言ってるおじさんがいたなって、それは何となく覚えてるのに。笑

あぁ、スピッツニアミス。

思い返せばニアミスだらけ。そんな記憶でいっぱいだ♪笑

でも、惜しかった思い出も感動的に刻むから~♪

 

話は戻って。

とにかく手に入るものから順に集めて聴き始めて、どれ聴いても良くって夢中でございました。

(「空の飛び方」「インディゴ地平線」あたりがすぐ買えたんだったかな。)

f:id:yu-mon:20171018221618j:plain

(収集中の図)笑

 

 

そしてほんとにほんとの決定打となったのが、アルバム「小さな生き物」との出会いでした。

一曲目「未来コオロギ」の

 

  行ったり来たり できるよこれから 

で完落ち。

スピッツのなかった日々には、二度と戻れない♪私になってしまったのでした~。笑

 

つづく...

 

新米到来!

f:id:yu-mon:20171017214445j:plain

やっぱり新米は一番のごちそうですね!

研ぐ時、触り心地が違いました!水分いっぱい含んでてしっとりしてます!

しばらくはおかずなしで白ごはんだけでも良いかもってくらい美味しかったです♪

(うちは白米ではなく七分づきにしているので真白ではありません)

 

前はルクルーゼで炊いてましたが、最近は土鍋で炊くのがお気に入り。

炊飯器はもう何年も使ってません。

土鍋で炊くと、好みでおこげも付けられるし、水の分量の誤差を火加減で調整したり、何かと融通が利いて良いのです。

 

ところで、「洗い米」って知ってますか?

お米を浸水させるとき、炊くときの分量の水に浸けるものだと思ってたんですが、それだとお米の発酵が進んで美味しさが減るんだそうです。

で、研いだ後水を切った状態で浸水させたものを「洗い米」と呼ぶんだとか。

土井先生の本を読んで初めて知りました。

このやり方にしてから、確かに前よりごはんが美味しく炊けるようになりました。

(しかし、冬場は特に、浸水中に逆に乾燥してしまわないように気を付けなければなりません)

 

 

美しく実る稲穂に愛を知る...

あぁ、なんて正しき響き。泣けます。

スピッツは日本の宝だと思う。

ほんと、好き。こんなに好きでいいんでしょうか?

鮭のクリームシチュー

f:id:yu-mon:20171016200453j:plain

久しぶりに自分の作ったもん、美味しーいと自画自賛したくなる感じになったので載せます。

鮭のクリームシチュー。

米粉でホワイトソース作ると、ダマになりにくくて軽く仕上がって良いです。

あと、玉ねぎがなかったので長ネギで代用したのですが、これが意外と良かった!

土鍋でコトコト和風シチュー。

寒くなってきましたねー。

 

料理好きでも得意でもないんですが、自分が作ったものを食べるの結構好きなんですよね。

積極的に他人に食べさせたいとかは全然思わないんですけど...。

自分が作ったものを目の前で他人に食べてもらうのはちょっとプレッシャーに耐えられないかも?笑

うちは個食ではないですが、基本、孤食なんです。

 

土井善晴先生によると、「自分が作ったもんが一番なんて言うんはちょっとおかしい人」らしいです。笑

「だいたいねぇ、一番いうんはおふくろの味とかそういうもんや」って。(全部ニュアンスです)

うん、他人の気持ちが入ってる料理ってことですよね。

私も自己満足の心の歪みを正して、少しは他人のために、気持ちをお返しできる人になれたらなぁ。

 

 

「メモリーズ」シリーズが滞ってる。笑

落ちがない感じになりそうだけどまたもう少し書きますよん。笑

「1987→」の歌詞で、特に「無慈悲な鏡叩き割って」というフレーズにビリリっと来ます。

最初聴いたとき、あれだけスゴイ人たちなのにこんなジリジリするようなコンプレックスを持ち続けられる、あるいは忘れずにいられるってすごいことだなぁと単純に思いました。

 

それから「鏡」の意味を少し考えていました。

鏡は自分の姿を映し出すものです。

第三者的な立場から自分を見る視点、理性のはたらきとも言い換えられるかもしれません。

この意味で考えると、「恋する凡人」の「鏡に映る妙な男」ってフレーズがすごく面白いです。

盲目的パワー全開で恋に突っ走ってるのかと思いきや、自分で水を差してる感じ。笑

ほんとにバランスの取れた人だなぁと思います。

 

一方、「魔女旅に出る」に出てくる「鏡」にはまた別の意味がありそうです。

歪んだ鏡の向うに

忘れてた道がある

さあ まだらの靴を捨てて

「歪んだ鏡」というのは何を指すのでしょうか。

この世があの世の投影に過ぎず、あの世こそが本当の世界だと考えると、生きて見ているこの世はまさに鏡に映った世界だと言えます。

その鏡が歪んでいるというのは、幻が醒めるとき、あの世への旅立ちを意味しているのではないかと思います。

実体である魂は鏡の向う、本当の世界にもと来た道をたどって旅立っていく。

そうすると、前にこのブログに書いた「まだらの靴=朽ちていく肉体」を捨てて、という次のフレーズに繋がっていきます。

 

例のごとくまた妄想です。

生きてる限り鏡からは逃れられないけど、スピッツは無慈悲な鏡叩き割って新しい鏡を手に入れたんでしょうね。

 

歩く時の暇潰し。

一人で歩くのって、暇しませんか?

私は歩くの嫌いじゃないんですが、退屈なんです。

ということで今日は、もしスピッツのアルバムの中から3枚、どーしても選ばなければならないとしたら何を選ぶかを雨の行き帰りの道中、暇潰しに考えてみました。

暇潰しのつもりが本気で悩み苦しんで、無理やり出した答えが、 「小さな生き物」 「スピッツ」 「空の飛び方」 の3枚。

あくまで、今日、無理やり、出した答え。

自分で設定した問に、3枚以外の選べなかったアルバムを思って胸が痛くなった…。笑

今日も変わらずバカです。

お風呂入ってシンコレ聴いて寝る!