ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

すみません。

昨日の記事ですが、誰かを否定したり非難したりする意図はなかったのですが、どう考えても誤解を生むような感じの悪い文章になっていました。

ほんとは特殊な事情(個人的な)がいろいろあるお話を、一般的な話のように書いてしまったり、いろいろごちゃごちゃにしてしまったり...。

どのみち浅はかだったな、と自己嫌悪で脱力してます。

たまたま目にされて気を悪くされた方がいらっしゃったら、すみませんでした。

勝手ながら記事は下げました。

 

軌道修正してやっていきます。

さざなみからとげまるへ。

唐突ですが、私、リアルタイムで「とげまる」を聴いてたら、草野さん結婚するんだ...と思ってたと思うんですよ。

なんか、「さざなみCD」で芽生えたもの...というか再燃?したものが「とげまる」で結実しているように感じたんですよね、最初聴いたときは。

回数重ねて聴いてるうちに、なんでそう感じたのか、揺らいできましたが。笑

「聞かせてよ」の「ありふれた愛の歌 歌い始める」というフレーズのせいかもしれない。

あ、でも、この「ありふれた愛の歌」は私の中では「つぐみ」なんですが、「つぐみ」はメンバー愛の歌だと思ってます。

そう思っているというか、違うかもだけど、そうだと決めつけて聴いてるというのか。

(それだと結婚に結びつかないですね。なんでそう思ったんだろ?)

 

今、私が「とげまる」に感じるのは、健全さ。

無論、健全にはあやしい意味も含まれてます(笑)

「幻のドラゴン」とか笑っちゃうくらい可愛らしく露骨。

はい。それも健全。

あと、終わらないでという願い。「花の写真」とか、「どんどどん」とか。

これって健全だなって。

前にも書いたんですが、私は終わりは救いだと思っていて。

それは間違いなくそうだと今のところ思っているんですが、この考えは厭世とか虚無感に振れやすい。

どっちにしろ終わりは来るんだし、それは果敢に受け入れつつも終わらないといいなぁと思えるのってすごく健全。

「いつかは終わりが来ることも 認めたくないけどわかってる」

その健気さに私は鼻がツンとくる!

 

そういえば昨日、「さざなみCD」聴いてちょっとびっくりしたんですけど。

先述したように、「さざなみCD」では、再会したり再燃したりで何かが芽生えていると思ってました。

そして「飛ぶ」は幽体離脱して飛んで行っちゃう感じじゃなく、肉体持った上での「飛ぶ」。

(ということは端的に言うと性的な意味が強くなると思うんですが笑)

生きていることに慣れたというのか、地に足がついたイメージ。

だから歌詞に出てくる「君」にも、いつも以上に実体もった手応えを感じるんです。

なのに!

最後の曲、「砂漠の花」。

「思い出を抱いて ひとり歩いていける まためぐり会う時まで」

えーーー!

ひとりなの??

まためぐり会えたんじゃなかったの???

私的には大どんでん返しでした。

ていうか私、聴いてるつもりで全然聴けてなかったんだなぁ。

 

 

スピッツはずっと続いているから、こんなふうにアルバムを続き物の物語のように聴きたくなってしまうのですが、「とげまる」と「小さな生き物」の間には大きな隔たりがあります。

時代が変わってしまったから。

私は遡って聴いているので、リアルタイムで聴いた人とは感じ方が違うと思う。

「小さな生き物」から聴くと、すごく遠いことに感じたんです。「とげまる」の世界が。

でもそれは陳腐化とは全く違う。

今は遠く手の届かないところに行ってしまったけど、また巡ってくる、戻っていくための標にできるような作品。

...意味わかんないですね。

 

とにかく聴くたびにいろんな発見がある!(全くとんちんかんかもしれないけど)

 

オチは「僕のギター」より、作り話もあるよ♪ということで。

肝に銘じます。

歌ウサギ

そろそろ巷で映画主題歌として「歌ウサギ」が流れ始める頃ですね。

私、一聴して、これは辛くなるやつだ...と断じてしまい封印していました。

しかし、ブツ切りの「歌ウサギ」が乱発される前に、ちゃんと自分の中にフルで浸み込ませなきゃ...と必要に迫られて(と私は思っている)、「歌ウサギ」を聴く、を数日前から日課に加えました。

ということで、ちょっと感想なんかを書いてみたいと思います。

 

また聞き間違いしてました。

恋愛ばっかの道で× → 例外ばっかの道で○

例外かぁ。

恋愛ばっかってね。笑

恋多そうだもんなー、なんて変に納得してたんですけど。笑

 

グッと来るワードが多すぎて、いちいち挙げていると歌詞の羅列になってしまいそうなんですが、いくつか書きたい。

「清々しい堕落」

毎度?書いているような気もするんですが、正負のバランス!

正に振れた分だけ負の部分も掬ってくれるのがスピッツ。逆もまた然り。

言葉は本来、正負どちらかの方向を持っていると思います。

清々しいは正、堕落は負。

これが組み合わされることですごい幅が生まれている。

たぶん絶対値が釣り合ってないとこういう組み合わせは成り立たないと思うんですが。

言葉の正負といえば、「醒めない」に出てくる「ガーン」というワードも、本来負の方向性を持った言葉じゃないですか?

漫画で言うと縦線入ってるイメージ。

でも、正の文脈で使われることで絶対値記号がかかって(|ガーン|って感じ?)、「ガーン」の持つ強さが抽出されている。

でも本来の負の方向性も生きていて、打ちのめされるほどのインパクト、という負から正までの幅を持つに至っているのです。

 

「『何かを探して何処かへ行こう』とかそんなどうでもいい歌ではなく」

このフレーズに関しては、「雪風」で「割れた欠片と同じ物を遠い街まで探しに行ったね」と歌っているのに、という感想を見かけました。

私もこのフレーズ引っかかったんですが、浮かんだのは「雪風」ではなく「青い車」でした。

「君の青い車で海へ行こう おいてきた何かを見に行こう」と歌っているでしょう。

それで思ったんですが、探しに行っても行かなくても同じことなんです、きっと。

青い車」に関していえば、少なくとも三層構造ですからね。

一層目は、朝から二人でじゃれあって、そして車で海に出かける、という爽やか疾走系ストーリー(そのまま素直な解釈)。

二層目は、心中、もしくは無理心中のストーリー。

三層目は、形而上のストーリー。輪廻のお話。

妄想、とも言えるかもしれないけど。

でもやっぱり芯にあるのは三層目で、ここに至るまでは全部方便なんです。

だから二人で仲良く海に行くのでも、心中するのでもどちらでも良い。

真実はいくつもあるけど、真理はひとつしかないから。

だから私の主観ではどの曲たちも全然矛盾しないです!

君の耳たぶにも、割れた欠片と同じ物を遠い街まで探しに行くことにも、真理が含まれているはずだから。

 

「歌ウサギ」の仮タイトルも好きだなあ。

 

それはそうと、「延々とワンノートが続くAメロ」(トラックノートより)。

リコリス」同様、鼻歌で口ずさむとお経になっちゃいますね♪笑

 

まとまらない頭と心のままで色々書いたけど、要するに「歌ウサギ」にめっちゃ心惹かれているという、ただそれだけのことです。

うー、やっぱ辛ーい。

 

にしてもスピッツは武道館3DAYS真っ只中だというのに、相も変わらずなんと地味なブログ...

RECYCLEについて

前に、「RECYCLE」のジャケットが好き、と書きました。

でもこれ、開いて中を見ると不気味ですね。

初見、ちょっとギョッとしました。

パンダ。それも人間感たっぷりな着ぐるみ。

やっぱり「ベスト盤」というものへのアンチテーゼを忍ばせているのか?

客寄せ。それもフェイク(着ぐるみ)の。

真意はわかりませんが。

イテテ。

江國香織辻仁成の往復書簡集というのか?

共著「恋するために生まれた」という、馬鹿々々しい本を真剣に読んだ。

 

恋と愛の違い。

 

あぁ、そうか。

スピッツ愛」だけだとただ幸せなんだけど、「スピッツ恋」が入るからしんどくなるんだ。

やっぱり一回男になってスピッツ聴いてみたいな!

「恋」抜きで「愛」だけで。

でも、「スピッツ恋」も痛気持ち良い♪笑

 

こんなことを臆面もなく綴っている私は痛くて気持ち悪いと自分でも思うけど、人生、恥はかき捨てで。笑

たぶんこれから更に臆面なさに磨きがかかっていくと思うのでご注意を。。

ゴーヤチャンプルー

f:id:yu-mon:20170813215747j:plain

 

ゴーヤチャンプルー

苦味とか辛味とか大好き。刺激大好き。

ゴーヤチャンプルーに限らず、炒め物の要は、具材を種類ごとに別々に炒めることです。

食材の種類によって火の通り方が違いますから。

たしか土井善晴先生が言ってたことだと思います。

とても基本的で当然のようなことですが、巷のレシピではこれが守られていないことが多い気がします。(そんなことないですか?)

レシピに「炒め合わせる」とあれば、「炒めた物を合わせる」。コツはこれだけ。

これだけで炒め物は見違えます!(コツというほどのことでもないですか?)

 

 

チャンプルーといえば、アジカンのゴッチさん、マサムネさんの前で「ナンプラー日和」を「チャンプルー日和」と言い間違えたんですってね(笑)

落ち込んで大人しくなっちゃったそうで。笑

うん、でも、どちらかというとナンプラーよりチャンプルーだと思うから、仕方ないです!

て、よくわからんけど。笑

可愛らしくもない戯言

ツアブロにのってた、21年前のチラシ!
もうなんだか堪らない気持ちになってしまって…
なんなんだ?この気持ちは!

21年前のスピッツも、21年後の今日のスピッツも、同時に存在しているように私には思えてならない!


そうそう、今日、ドンピシャタイプのめっちゃかっこいい人を見かけた。
ほんとかっこよくて、まじまじ見つめてしまった(笑)
マサムネさんには全然似てなかったけど。
というかマサムネさんは大好きだけど、マサムネさんに似てる人は別に好きじゃないと思う、たぶん。
だってタイプじゃないもん(笑)
でもマサムネさんは完璧、完全無欠。アンビリーバボー。
ツアブロ写真見るにつけ、キレイすぎて溜め息が出る。
ほんと、キレイ。

シラフです、これでも私(笑)