ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

妖怪

司馬遼太郎著「妖怪」読了。

サクッと読むつもりが意外と時間かかった。

読みだすと眠気に襲われて何の話やったか忘れるくらい細切れになってもうたー。

これはかなりフィクションの色合いが強い。

時代が古くなると確定した事実ってのは少なくなるから、幕末~明治時代の小説みたいに子細な事実を積み重ねていくことで時代の大きな画が見えてくるような書き方は出来ないってことか。

そのぶん、「幻術」というフィクションを通して人間の本性をえぐり出すような凄まじい小説だった。

アクが強くて飲み下すのに時間がかかりそうだわ。

面白かった。