ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

親不孝通り

福岡の「親不孝通り」の名称が復活するそうですね!

やっぱ地元の人に親しまれてた愛称やってんな。

 

倉敷公演のMCでも触れられてたそうだけど、谷村新司さんが某番組でスピッツの「楓」を絶賛してたらしい。

数年前、これを三回以上聴かないと眠れない時期があったなあ。

そんくらいたくさん聴いた。

当時はMV見て「メンバーみんなフツーやな」とか思ってたけど(笑)、今見ると全然違く見える。かっこいい。

この曲が収録されてるアルバム「フェイクファー」。

この時期はスピッツメンバーにとって苦悩の時期だったようで、完全に納得いく作品ではなかった様。

音がこもって聴こえるということで、ここから更なる音の追及へと向かっていくわけです。

聴いてみるとたしかにくぐもった音に聴こえる気がする。

それで思い出したけど、「スカーレット」のMV動画コメント欄で「なぜかわからないけど、みんな死んでしまったんだなあ、って思ってしまう」って言ってる人がいた。

私は「スカーレット」聴いてそう感じたことはなかったけど、なんとなくわかるような気がするなぁ。

音のせいなのか、「フェイクファー」って全体的に曲の輪郭がかすんだ印象を受ける。

だからなんとなく「もうはっきりと思い出せなくなってしまった大事な記憶」と重なるんだなぁ。

でも「フェイクファー」収録はアルバムバージョンで、MV動画で上がってるのとは違いがあるはずだし、これはこじつけかな?

 

それにしても近年のスピッツは、キラキラ発光してるのが見えるような錯覚に陥るほど素晴らしい音をCDでもライブでも聴かせてくれてる!