読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

水のように

スピッツ

『とげまる』やっと聴けた!

予想以上の・・・・・・・・・言葉が見つからん!

とにかく予想を遥かに超えた曲たちの集まりにリアルにシビれてしまった。

まだまだ考えがまとまらんけどフレッシュなうちに感動だけを。

感動が先で解釈が後。司馬遼太郎さんの言う通りだ。

「TRABANT」かっこよすぎるやろ。

ほんまにビリビリきたよ。

まとまらない頭のままひとまずの総括。(わけわからんよ)

中島みゆきじゃないけど、時代は回る。

今は在りし日への憧憬になってしまったのかもしれない・・・けど、またいつか巡り巡ってくるはず。

 

追記

このアルバムはスピッツにドハマりしそうにないタイプの人にも安心してオススメできそうですね。

全部シングルになりそうなくらいキャッチー。

てかタイアップ多いなー!

どっかで聴いたことある!ってなるな、これは。

このアルバムはどの一曲でも切り取って聴けるような作品集といった感じ。

聴く前からそういう評価は聞いてた。(もしくはスピッツ自身が言ってたのか?わからん)

それとは対照的に「一曲を取り出したらそれは断片でしかない」(草野さんのいつかのインタビューより)ような、コンセプトアルバムを目指して作られたという『醒めない』。(結局はそんなにコンセプチュアルにならなかった、とのことですが)

それなら『小さな生き物』もそうなんじゃないの?と私は思ってしまうけど、『醒めない』リリース時のインタビュー記事を読む限りではそういう位置づけではなさそう・・・?(コンセプトアルバムを目指すというのが初めての試みだったという旨のインタビュー記事をどっかで読んだような覚えがあります・・・)

スピッツのオリジナルアルバムに関しては基本的につまみ食いの聴き方が私はできないんだけど、特に『小さな生き物』は曲順、曲間含めて完璧・・・と思ってるので絶対できない!

例えが適切かわからんけど、アルバム全体でクラシックの交響曲みたいなひとつの作品といった感じ。

またちいものの話になっちゃったけど、そういうちいものが大好きだから、この『とげまる』、一曲一曲は素晴らしいに決まってる!けどアルバムとして聴いたときにどうなんかな?と思ってたけど、別物の良さだった!

ベストアルバムとかって、メインディッシュを延々食べさせられてる感じでもたれるやん?

そんな感じにならんかな?とか思ってたけど全くの杞憂だった。

一曲一曲がこれでもかってくらいキラッ!キラッ!って輝きを放ちまくってきて、もう、「曲の宝石箱やー!」(って彦摩呂か)

でもクドくないのは例のごとく押しつけがましくないスピッツの徳のせいなのかしらん?