読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

寝かせる

スピッツHPリニューアル時にプロフィール写真も更新されてるってこと、今さら気づいてチェックしました。

写真でかい!

 

今日は『さざなみCD』を初聴。

ちょうど10年前のアルバムですね。

メンバーは40歳目前の時期。

前から思ってたことだけど、30代から40代にかけてのこの時期が一番成熟した大人の雰囲気がある。

「この世」的な色合いが強いというか。

初期、特にファーストアルバムなんかはこの世のものとは思えない感じ(笑)で、生まれる前の「あの世」の記憶を持ったまま生きてるんじゃないの?って思ってしまったりしたけど。

生まれる前にいた場所があって死んだ後そこに戻るんだとしたら、成熟期っていうのは一番その場所から遠ざかってる時期になる。

生きてることにも慣れてくるし、今生での過去も未来もある。

そういう生身の充実感というのかな・・・そんなものを感じた。

 

ここまでちょっと無理して書いてみたけど、正直今の私にはこのアルバムを心からはわかれない・・・。

この時期のシングルもspitzclipsで見る頻度が他の曲と比べてすごい少ないんだよね。

なんか、やっぱ「大人」なんだよな。世に古りた。

聴きながら10年後にこのアルバムを再発見している自分を想像してた。

グッときてる自分、想像できたよ(笑)

というかそういう自分であってほしい。

そのためには「この世」をちゃんと生きなきゃだよな。生まれたんだから。

 

この成熟期を経て原点回帰に向かってるような近年。

それは決して退化ではなく、そもそも人の一生ってのが円環のイメージ。

真っ直ぐ進んでるつもりが最後に元の場所に戻ってた、みたいなね。

 

そうそう、生身の充実感って書いたけどほんと、ある意味「フツー」の生身の感情が見えるような曲が多い気がしたよ。

「P」は珍しく情感こもった歌い方だし。

胸の奥にこみ上げてくるものの落としどころがわからん(笑)

まだ私には入れる器が備わってないみたいだ。