読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

正しく年を重ねる

昨日はちょっと久しぶりでアルバム「醒めない」を聴きました。

やっぱ常に最新作が最高傑作なのかも・・・と改めて思ったり。

正しく年を取ると人はあんなにも素敵になるんですね。

声質の経年変化も素敵。

声変わらないってよく言われてるけど、結構変わってるように思います。

ファーストアルバム「スピッツ」を初めて聴いたとき、甘ったるい声で気の抜けたような歌い方だったからちょっとびっくりした。

母性くすぐりまくり。

これ聴いてるとフニャフニャっと力抜けちゃって眠気を催すのは私だけでしょうか・・・。(だいたい途中で寝ちゃいます)

 

声質は変わっても30年衰えを知らない歌声。

ボイトレは受けたことないらしいので、天性の感覚なんでしょうね。

どんな内容なのかボイトレ一度受けてみたい、というようなことを言われてましたが必要ないでしょう!

草野さん以上に「力を抜いて」歌うことができてる人ってなかなかいないと思います。

もちろん完全に脱力して歌は歌えませんが、力を入れること(緊張)より抜くこと(緩和)のほうが難しい。

だから抜くほうを強調して「脱力系」シンガーと言われたりするわけです。

歌っている表情を見ているとよくわかりますが、表情筋は基本脱力して下に大きく口を開けて歌っているように見えますが、口角は上向きにキュッと引き締まっています。

このバランスが本当に素晴らしいと思います。

見た目にも美しい。

その発声の正しさは、30年壊れずにむしろ輝きを増して響き続ける歌声が証明しています!