ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

いろいろと

最近の星野源熱の総仕上げ、また、草野さん推奨・浮気計画の一環として、星野源ファーストアルバム「ばかのうた」を聴きました。レンタルで。

浮気については、今年行われた醒めない振替公演にて草野さんより「途中浮気してもらってかまわない」的な発言があったとのこと。

それを真に受けてというか、従順にというか。色々聴いてみようと思ったわけです。

(まあ実際は時間があればスピッツ聴きたい!のであまり実行に移せていませんが)

しかし本命の地歩を築いていない身としては浮気というかただの移り気、節操なし認定かもですね。

そういえば以前スピッツにハマる前にプチハマりしていた某ロックバンドがありました。

その合間に箸休め的なつもりでスピッツを聴いたとき、ストレスフリーで調和された演奏に素人ながら「上手い・・・ほんとのプロの演奏ってこういうもんなんかなー」と思った記憶があります。(演奏の巧拙を語れるような耳も知識もないんですが)

そのときはスピッツどハマりには至りませんでしたが、それを境に某ロックバンドへのプチハマりは収束していったのでした。

そういうこともあったので、ほかの人の曲を聴くことでより新鮮に、より深く、スピッツを(ありがたみを持って)聴けるかも、というスピッツ回帰ありきでのこの計画です。

 

と、「ばかのうた」の感想をちょろっと。

実は、聴こう!とレンタルしてからあっという間に一週間経ってしまい、返却日になってやっと聴きました。

それも時間がなかったので一回流し聴きしただけ。

エッセイ読んだときは、「創作地獄から生み出された作品、心して向き合わせてもらうっす!」って思ってたのにごめんなさい。。

生活が苦手という割に、というかその裏返しなのか、ものすごく生活臭のするアルバムでした。

やっぱり人は自分にないものを求めるものなのでしょうか。

星野源に関しては、ほんと共感できる部分が多いです。

なーんかね、エッセイ読んでても曲聴いてても、「この偏屈野郎!」と言ってやりたくなる感じなんです(笑)。

この「好意的に」罵りたくなる衝動、なんなんですかね(笑)。

良いアルバムでした。

個人的には満たされた日曜の夕方に聴きたい感じかな。

もし満たされてなくっても寄り添ってくれる感じです。

 

でもスピッツのように高いところに連れてってはくれないんだよね。

今の私にはやっぱりスピッツ!みたいです。

それ言いたいだけ、ていうか最初からそれが目的っていう。なんか感じ悪いかも?すみません・・・。