ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

下る時代を上ってみる

現在進行形のスピッツ情報がガンガン出てる中、私の心は流れに逆らって初期スピッツに向かっております(笑)

きっと多くのスピッツファンの諸先輩方が通った道を辿っているところなんだと思います。(笑)

初期三部作(別に三部作ではないか...ファーストからサードアルバム)、良いです。

初聴からなんだかとてつもなく凄いということだけはわかりましたが...。

時代が下るにつれ洗練されていく、それが良さなんじゃないかと思ってたんです。

でもそれだけじゃないんですね。

時間に方向があると信じているのも錯覚なのかもしれない!

 

「Crispy!」初聴の感想書いてなかった。

このアルバム、入手してからかなり寝かせてました。

聴く前にスピッツ史上のこのアルバムの位置づけ、制作の経緯など知ってしまって先入観のかたまりになってしまってたため(笑)。

なかなか一度持ってしまった先入観はぬぐえませんが、なんか、すごい曲混じってるやん...という印象。

というかポップになりきれてないっていうか、隠しきれてないっていうか...(笑)

そこらへん、近年というか、ブレイク以降?のスピッツは初期三部作の頃のエッセンスは決して失わないままに、上手にキレイに隠す術を身に付けたのかなという気がします...(笑)

そして、「夢じゃない」がここにいた!

「夢じゃない」が迷子だったんです、私の中で。笑

あの子はどこ?と思ってたら意外なことに(私にとって)「Crispy!」の中に!

「夢じゃない」、もしかしたら私にとってのファーストスピッツだったかもしれない。

なんだか思い入れがあるんです。

ドラマの主題歌としてテレビから流れてきたこの曲、ものすごく印象に残ってます。

なんというか、生まれる前にいた場所への郷愁を感じるような...

もしかしたら当時はまだあの世の記憶が残ってたかもしれないし(笑)

当時はこの曲を作ってる人たちがいるということに考えが及びませんでした。

なんせ、この世のものとは思えなかったから...(笑)

 

一曲目の「クリスピー」、「輝くほどに不細工な モグラのままでいたいけど」ってのが、これからこのアルバムで自分たちがやろうとしてることへのエクスキューズのようで、なんか可愛い。

生ける天才草野マサムネの人間臭さをほんのちょっぴり感じられるような。

 

 

そしてスピッツ本、初期スピッツ研究には重要資料ですね。

とはいえ、こういうインタビュー記事で話されていること、どこまで真に受けてよいか難しいところ。

そもそもインタビュアーのフィルターを通したものであることも考慮しなければいけないですし。

メンバー(特に草野さん)が本心だけを話しているとも思い難いですし(笑)

それにしても面白い。

広告を非表示にする