ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

梅雨

スピッツ本読んでて特に感動した言葉。

「現実も見つめてて、虫の鳴き声とか月の満ち欠けを気にしながら生きてるような」

心の芯に響きました!それこそまさにスピッツの世界!

スピッツには挙げだすと切りがないほどに心動かされてます。

なんだか忘れかけてた心の所在を再確認しているような気分。

「現は見つつ 夢から覚めず」

この短いフレーズに私の人生の憧れがすべて詰まっていると言っても過言ではありません!

現実はそんな生き方には程遠いんですけどね。。

そういえば草野さんの日記読むまで夏至の日も忘れてました。

それにしても草野さんのバランス感覚(現と夢の)は神業...。

私にとってスピッツはもはや驚異です!