ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

ツバイソナス

夏、魚よりも肉!という感じでお肉料理メインになっていたのですが、もう揚げ物やスパイシーな料理にも食傷気味。

そろそろお魚が恋しい。

そんなところ、最近スーパーでツバイソを見かけるようになりました。

ツバイソとはブリの子供時代の呼び方です。

関西で言うところのツバスですね。

北陸ではツバイソ→フクラギ→ガンドブリ→ブリと呼びます。

富山でツバイソといえば、ツバイソナス。

ナスとツバイソを一緒に炊くだけなんですが、これがものすごく美味しいのです。

ツバイソを見ると必ず食べたくなる。

富山の郷土料理なんだそうです。

 

f:id:yu-mon:20170731215638j:plain

 

どん。こちら、ツバイソ。

出来れば切り身になっているものではなく一尾まるまる買ってきてお家で捌いたほうが美味しい(気がする)。

三枚に下ろしていきます。

と、ここで私、手を切ってしまいました。

サバくらいなら平気なんですが、ブリ系は皮が固いので菜切り包丁では危険です(当然ですね笑)。

あとはナスを切ってアク抜きして軽く焼き、ツバイソと一緒に煮るだけ。(あ、ショウガも)

煮汁の分量ですが、一応調べたレシピの分量が私的に「嘘やん」という感じだったので(絶対濃い、そして汁多すぎ)大幅かつ大雑把に変更しました。

結局お好みの甘辛い感じでいいかなと。

(私は富山出身ではなく、自分が作ったツバイソナスしか食べたことないから正解はわからん)

 

f:id:yu-mon:20170731215651j:plain

 

若干煮崩れてますが...

おいしいんですよ。

大阪から富山に来て、魚の美味しさに本当に驚きました。

新鮮な朝どれ魚なら臭み抜きに躍起になることもないです。

地元の人には当たり前かもしれませんが、県外の方は本当に驚くと思いますよ!