ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

お手入れ。

この年になってようやくボディケアに目覚めだして、最近いろいろ試しています。

(どの年になったんやっていう話ではあるが...)

その中でこれはもう欠かせないなーというのが、

  • コーヒースクラブ
  • 糠風呂

の二つ。

 

コーヒースクラブというのは、コーヒーの出がらしとオイル(オリーブオイル等)を混ぜたもの。

これを顔でも体でもザラツキが気になるところになじませてクルクルするとツルツルになります。

 

糠風呂は、その名の通り糠を手拭い等に包んでお風呂に入れるだけ。

 糠は洗浄力がある上に保湿力もあって、入浴剤には最適なのです。

心なしか体の温まり方も違う気がします。

お風呂あがりはしっとりポカポカ、これでボディクリーム要らず。

 

どちらも簡単、そして暮らしの中で出る余剰を利用できるところも良いと思っています。

下手したら捨ててしまうかもなものだし。

(まあ糠なんかは他にもいろいろ使い道があるけども)

 

 

それとフットケアについて。

ちょっと前にも書いたのですが、重曹スクラブというものをちょくちょく続けています。(我流…)

f:id:yu-mon:20180201000404j:plain

これ、ケーキ焼くわけじゃないのです、フットケア用。

重曹を水で溶いてペーストにしたものを足のかかととか皮の固くなった部分になじませます。

ほんとは削ってもいいと思うけど、なんか、もっと固い皮が生成されるんじゃないか?みたいな恐怖心があるので今のところ削ることはしていません。

(丁寧にやって、かつアフターケアをしっかりすれば削っても大丈夫なんだろうけど)

重曹スクラブ、なかなか良いんじゃないかという気がしてます。(我流だけど、食べられるものだし安心じゃない?的な…)

ただ、何事もやりすぎ注意なのと、アフターケア&日々の保湿が一番大事なんだと実感してます。

フット専用のクリームを最近初めて使うようになって、これがすごく良い!

(あとは柔肌の乙女はやんなくていいと思うのと、手でなじませると手の指紋無くなるんでは…?と思うのでブラシとかでやったほうがいいかと。)

 

”サンダル履きの足指に見とれた”

スピッツ曲に出てくる体のパーツ描写で一番好きなフレーズで、憧れなのです!

これが無かったら足に意識向けることなんてなかったかも...ガサツ(-_-;)

 

 

たぶん”老け”というものの第一波がやってくる年頃な気がしますが、自分の身体、良くも悪くも付き合いが長くなってきた分の愛着も増してくるわけで、なんたらかんたら楽しんで向き合っていきたいと思うこの頃です。