ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

豆の日

なぜこうも全ての事が遅々としか進まないんだろう!
理想は”焦らず弛まず”、しかし、焦るわ弛むわが現実。
不機嫌は幼児性、わかってはいるのだ~。

命を懸けるほどのものもないのに命は惜しいような気もするし、その一方で、たとえば明日死んだとしても何の悔いもないと思ってもいる。
そして今得ようとしているものは、もし明日死ぬとしたら必要のない物ばかりだ。
それでも人は”死ぬまで生きる”ために努力しなければならないんだろう。
しかし、今日一日を過ごすのにも”よすが”が必要だ。

今日は「小さな生き物」(曲のほう)が、心に沁み渡った。

私は”正しさ”というものがどこかに存在すると信じなければ生きていけないと思う。
しかしそれは絶対に手が届かないものである、ということはつねに覚えておかなければならない。
(”正しさ”という言葉は取扱い注意の危険物かもしれない)

スピッツは私の中の”正しさ”のイメージにとても近い。
とりわけ、アルバム「小さな生き物」はそう。
だからいつもここに帰ってくる。
今日もありがとう。


f:id:yu-mon:20180203235036j:plain
今日のブランチはバナナとナッツ。
かかっている粉は大豆粉。どんだけ豆食うんや。まぁ節分ということで。

一歩も外出せず、楽しみにしてた荷物(残念ながらスピッツのデザインではないのだが...)が届いたのに開封もしなかった、そんな土曜日だった。富山サンセット。