ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

鰯の真価

f:id:yu-mon:20180209231931j:plain

富山に来てから食べた中で一番美味いと思った魚は鰯である。

そんなことを言えば、美味しんぼ的展開で言うと食通ぶった下衆な連中が「鰯が一番美味いだと!ふざけるな!」なんて騒ぎ出すところでしょうな。

しかしそこで私は山岡さんばりに言ってやりたい、「本当にうまい鰯を食べたことが無いんだな、かわいそうに!」と。

 

 

...なんて少々話を盛りましたが(美味しんぼ好きなだけ)、一番かどうかはさておき、富山で地物の鰯を食べるまで鰯がこれほど美味しい魚だとは知りませんでした。

それまでの鰯に対するイメージは、臭い、パサパサしてる、など。

その原因は”鮮度”です。

鰯は”魚へん”に”弱い”と書くほどに足の速い魚だと言われますが、それは当然味にも影響します。

食材にとって”鮮度”というものがどういうものか、そのインパクトを知るうえで鰯は格好の教材となるのではないかと思います。

 

そこで、もし富山に来る機会があれば、ぜひ食べてみてほしいのが”鰯のにぎり”です。

富山では回転寿司レベルでもじゅうぶん旨い寿司が食べられます。(ポイントは”地のもの”を注文すること)

鰤やホタルイカや白エビはもちろん文句なく美味しい!のですが、おそらく一番安い皿にのっているであろう鰯のにぎりも、ぜひ一皿。

どこにでもあるものだからこそ、その違いに感動します。

 

 

家庭レベルでは鰯のような傷みやすい小魚を刺身にするのは大変なので、食べ方は何のひねりもなく塩焼きです。

f:id:yu-mon:20180209232736j:plain

これに辛味大根があれば最高です。笑っちゃうくらい美味しい。

繊細さはないけど小魚らしい身の締まりと脂のりが両立しているその味は主菜として堂々たるもので、副菜を選びません。

 

 

最後に。

鮮度の問題ではなく鰯固有の臭みが苦手な人は、やっぱり苦手だと思います。。

どうやら私は魚の臭みにどちらかというと寛容な方らしい...。