ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

慎しむこと。

“封建の世では家禄にささえられた家々の奥から、しばしば乱心者が出た。”

 

 

薄ぼんやりで安寧に暮らしているのは鬱懐が溜まることらしい。

他人のことなんてわからないものだ。

 

 

信じざるを得ないのは痛み、苦しみの存在。

過剰な生存本能。

この世は地獄か?