ユーもんの日和見

「みなと」でガーンとなったスピッツファンです。

かぐや姫の「妹」という曲が好きです。

この曲を初めて聴いたのは確か、十代半ばの頃だったと思います。

”妹よ お前は器量が悪いのだから”

その時は、この歌詞にショックを受けました。

私にも兄がいますが、もし兄にこんなことを言われたら憤慨して「お前もな」とすかさず言い返すだろうと思ったことを覚えています。(なんせ兄妹だから)

 

それから時が経ち、youtubeで再び「妹」に出会って、初めてこの曲の持つ”正しさ”のようなものにハッとさせられました。

”正しさ”。

どうやら私はこの暴力的な言葉が好きなようです。

「妹」には”小さな正しさ”がある。

場合によっては、それだけ持っていれば一生暮らせるような。

 

たぶん家族って、”小さな正しさ”を共有する集団なんでしょう。

小さいから苦しいのだけど、それすらなければ空中分解してしまう。

私はそれに憧れている気がします。

欲しいものではなくて、欲しかったものとして。